<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2008年08月20日

Appleが第1世代iPod nanoの加熱問題についてコメント

s-Header.jpgNIKKEI NETによると、昨日に経済産業省がAppleの第1世代iPod nanoの過熱問題で注意喚起を行ったことに対し、Appleが正式なコメントを公表しています。

その文面は下記の通り。

弊社は、ごくまれなケースとして2005年9月から2006年12月に販売された第1世代 iPod nanoのバッテリーが過熱を起こし、使用ができなくなったり、変形していることを確認しました。

 弊社はこのような事故の報告を何件か受けており(すべて第1世代iPod nanoであり、0.001パーセント未満です)、これらは一つのバッテリー・サプライヤーからの供給であることを特定しています。

 これまで、重大な人的被害や物的損害は報告されておらず、また他のiPod nanoのモデルについてはこうした報告はまったく受けていません。

 第1世代のiPod nanoをお使いでバッテリー過熱を感じられたお客さまは、AppleCare(顧客窓口)にて交換いたしますので、ご連絡をお願いいたします。 また、他の第1世代iPod nanoをお使いのお客さまで少しでもご不安を感じられた方も、AppleCareにご連絡ください。 

【引用元】
 ・NIKKEI NET

【関連エントリ】
 ・iPod nanoの発火事故で経済産業省が注意喚起
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(2) | TrackBack(0) | ipod:総合 |
この記事へのコメント
結局、有償なんでしょうか?
Posted by realize at 2008年08月20日 11:51
該当機種を持っていたので、AppleCareに電話しました。
「一部報道が先走っており、交換は”手に持てないほど加熱した場合”に限らせて頂いております。」との事でした。
ちなみに、火傷や加熱によりiPOD以外のものが焼けた、焦げた場合は、それも保証してくれるそうです。

相談って言っても、こんな内容です。
Posted by KENZO at 2008年08月20日 12:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。