<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2010年09月18日

第6世代iPod nanoを"診断モード"などにする方法

過去のiPodでもあったのですが、iLoungeによると、第6世代iPod nanoでもDiagnostic Mode (診断モード) とディスクモードにすることが可能だそうです。

nano6gdiag-1.jpg

方法は下記の通り。

 ・まずはスリープ/スリープ解除ボタンと音量の下ボタンを同時に8秒以上
  押して再起動させ、Appleマークを表示

【ディスクモード】
 ・Appleマーク表示時にボリュームボタンの上下を同時押し続ける

【診断モード】
 ・Appleマーク表示時にスリープボタンと上下のボリュームボタンを押し続
  ける


なお、このモードではハードウェアなどに関する色々なテストが行えるのですが、あくまで技術者向けの自己診断モードですので、自己責任でお願いします。

【訂正】
ディスクモードの方法を追記しました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(2) | TrackBack(0) | ipod:総合 |
この記事へのコメント
何回やってみてもただ再起動するだけなんですが、何かコツみたいなものでもあるんですかね...?
Posted by おおぞら at 2010年09月18日 11:52
>おおぞらさん
コメント有り難う御座います。

私自身が第6世代iPod nanoを持っていないので、実際に試せていないのですが、タイミングの問題でしょうか…。
Posted by Taisyo at 2010年09月18日 12:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。