<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2010年10月13日

iPhone 4の故障発生率は3GSより68%高い

MacRumorsなどによると、保証サービス会社の米SquareTradeが、iPhone 4とiPhone 3GSでの故障発生率を調査した結果、iPhone 4は3GSに比べ68%も高い故障発生率であったと報告しているそうです。

その発生率をまとめたグラフが下記画像で、リリース後4ヶ月目での故障発生比率はiPhone 4が4.7%、iPhone 3GSが2.8%となっており、iPhone 4の方が壊れる可能性が高いことが分かります。

132141-squaretrade_reported_iphone_accident_rate.jpg
(クリックにて拡大 / 画像は米SquareTradeより)

次に、iPhoneの故障原因の比率を表したものが下記グラフで、iPhone 4ではディスプレイのひび割れがiPhone 3GSよりも多くなっています。

132141-squaretrade_iphone4_iphone3gs.jpg
(クリックにて拡大 / 画像は米SquareTradeより)

また、リリース後4ヶ月以内でディスプレイが割れたと報告したユーザーの割合は、iPhone 4が3.9%、iPhone 3GSが2.1%となっており、iPhone 4でディスプレイが割れたと報告したユーザーの25%がバックパネルのガラスの割れであったそうです。

iPhone 4はiPhone 3GSと違いバックパネルもガラス製の為、おのずと割れる可能性が高くなってしまうのは仕方がないと思いますが、先日のスライド式ケース問題などもありますし、次期iPhoneのバックパネルがガラス製で無くなるのは確実と思われます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(1) | Apple:iPhone(ニュース) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

みてみてiPhone 4
Excerpt: iPhone 4について気になりだしたら止まらない!調べまくって見ました。やはり単純にiPhone 4と検索しただけでも結構ヒットしました。その一部を公開iPhone 4, IS03, Galaxy..
Weblog: iPhone 4
Tracked: 2010-10-22 17:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。