<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2011年03月20日

SONY、"Thunderbolt"や"Chrome OS"を搭載したVAIOを計画?!

vaio logo s1.jpgelectronistaによると、SONYが2つの"ウルトラポータブル"VAIOを計画しているといったがあるそうです。

1つは"VAIO Hybrid PC"と呼ばれており、名前からも予想されるように超薄型ノートPCに加えてデスクトップとしても利用可能なドックの2つのコンポーネントから成り立つようで、AppleがMacBook Proに採用している「Thunderbolt」が特徴となるようです。

まず、ノートPCのスペックが下記の通り。

・Core i7プロセッサ
・SSD
・HDMI 1.4
・Intel Wireless Display
・バッテリー駆動時間は8〜16.5時間
・重さは1.13s

次にドックのスペックが下記の通りで、「Thunderbolt」がこのドックとの接続に利用されるのか、それとも外付けデバイスに利用されるのかは不明とのこと。

・ディスクリートGPU (AMD Whistler-XT with 1 GB VRAM)
・Blu-rayディスクドライブ
・HDMI出力
・VGA出力
・Ethernet
・USB
・約0.68s

また、「Thunderbolt」については、MacBook Pro (Early 2011)が発表された際にIntelが当分の間は事実上Appleの独占となり、2012年以降に他のメーカーからも搭載機器が出るだろうと明らかにしていましたが、「Thunderbolt」がまだ「Lightpeak」と呼ばれていた頃はAppleとSONYが支持して開発を進めていたことから、SONYからも「Thunderbolt」を搭載した機器が出てもおかしくはないとのこと。

そして、もう1つのモデルはGoogleのChrome OSを搭載した"VAIO Chrome OS"で、スペックの情報は下記の通り。

・Nvidia Tegra 2 (250) プラットフォーム
・11.6インチ (1366×768)
・メモリは1GB
・16 GB eMMC (electronic multimedia card)
・Ultra-low power GeForce GPU
・Wireless WAN
・キーピッチは18o
・厚さは約19.9o
・サイズは約29.8×約21.5p
・重さは約1s
・バッテリー駆動時間は8時間

これらの2モデルは今夏にリリース予定と言われているようですが、噂ですので実際にリリースされるのかどうかも不明です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース:総合 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。