<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2011年07月09日

NTTドコモの山田社長、「iPhone」や「Windows Phone」について語る

cdma iphone.jpg昨日、NTTドコモの山田隆持社長が日本経済新聞のインタビューに応じ、Appleの「iPhone」について同社との交渉を継続していることを明らかにした事をお伝えしましたが、ケータイWatchが山田社長へのインタビュー記事を公開しており、その中で「iPhone」や「Windows Phone」についての山田社長の意見が掲載されています。

まず「iPhone」についての考えは下記の通り。
株主総会でiPhoneについて、辻村副社長から「発売はない」との発言がありました。一方、海外では、SIMロックフリー版が登場するなど、特定キャリアだけの商品ではなくなってきてるようです。

 あの質問に私が答えていたら「あきらめたわけではない」と、また同じような回答になったでしょう(笑)。しかし、3年前の「あきらめたわけではない」と現在の「あきらめたわけではない」というのは、環境がずいぶん異なります。当時は、iPhoneしかないのでぜひ、といった背景があった。しかし、現在はiOSとAndroidがあり、Androidはカスタマイズできて、おサイフケータイやワンセグ、spモードに対応できました。

 もし、仮に我々がiPhoneを入れたら、ラインナップの1つになります。有用ですので、歓迎したい製品です。ただ、何を相手に渡し、何をラインナップに加えるのか、というところで折り合いがつかない。また、ユーザーの皆さんにお伝えしたいのは、iPhoneがもしドコモのラインナップに入れると、普通のお客様は「iPhoneにspモードを」「iPhoneをおサイフケータイにして」という要望を出されると思いますが、「それは残念ながらできません」と答えざるを得ません。しかしiPhoneは魅力的ですので、ラインナップに加えるのはやぶさかではありません。

 またiPhoneもAndroidとの競争において数で押される傾向にあります。これはアプリ開発者からすると、どちらの市場を優先するか、と考えることになるでしょう。アップルさんも米国でAT&Tだけではなく、ベライゾンに供給し、SIMロックフリー版も提供しています。そうしないとグーグルに対抗できないと。ですから日本でもSIMロックフリー版iPhoneが登場しないとも限らない。そうすると当然我々も……。

次に、Microsoftの「Windows Phone」については下記の通り。
――マイクロソフトがWindows Phoneの開発を進めています。

 ちょっと遅れましたね。その遅れを取り戻そうとしているところでしょう。現時点で日本市場では魅力がない、という形でしょうが、今後(マイクロソフトが)バックアップされるのでしょう。

――この秋冬にドコモのラインナップに加わるのでしょうか?

 ないと思いますよ……いや、わかりません、開発部隊に聞かないと(笑)。

なお、上記以外の詳細やスマートフォンなどNTTドコモの今後の取り組みについて語られていますので、詳細は引用元のケータイWatchへどうぞ。

最後のWindows Phone端末の投入時期に関する質問に対する返答を見る限りあまり社内の事が分かっていないようですし、iPhoneについてもドコモからAppleに対し"投入したい"と交渉しているのではなく、現状はあくまでAppleからSIMロックフリー版iPhoneの登場を待っているような感じにも取れるので、iPhoneもあまり期待しない方が良いかもしれませんね…。

【引用元】
 ・ケータイWatch

【関連エントリ】
 ・NTTドコモ、「iPhone」の発売に向けAppleとの交渉は継続中


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(9) | TrackBack(0) | Apple:iPhone(ニュース) |
この記事へのコメント
結局のところそうなのでしょう。
ドコモとしては、独自のサービスであるiモードやIDを導入したいと思っている。けどiPhoneでは出来ない。
お客さんのニーズに答えるにはそこをクリアしなければという考えなのでしょうか。

ただiPhoneを現状使っているユーザーが果たしておサイフ機能やワンセグなどの機能を望んでいるのかという疑問…そこはドコモも割り切ってもらって、ラインナップに含めて頂きたいですよね。
Posted by ジミー at 2011年07月09日 07:19
おサイフ機能だのワンセグだのというのは口実ですよ。
ブラックベリーだって対応しないのに出してるじゃないですか。
要するに、docomoのエコシステムを崩壊させかねないiPhoneを抱え込みたくないんですよ。
本体にdocomoと刻印することすらAppleは許さないですからね。
メーカー主導で販売ノルマだの通信料からのバックマージンだのを決められることもdocomoは認めないだろうし。
Posted by ビシャス at 2011年07月09日 07:41
ドコモ自慢のiモードですが、登場した当時から現在まであんなに使いづらいものはないと感じていました。
ドコモとしてはユーザーの多くが望んでいる機能だとおっしゃっているようですが、僕以外のユーザーは便利だと思っているのでしょうか?
その辺の勘違いがドコモの現況なのでしょう!
Posted by ドコマー at 2011年07月09日 09:38
なんでガラケーの機能に固執するか分からん。
欲張ってAndroid携帯に入れたは良いけど、その為にOSのアップデートも出来ずに、セキュリティに難がある物をユーザーに強いてるのに。
いつまでも自分達がやってきた事が全て良いと考えるのはやめて欲しい。
Posted by ひさ at 2011年07月09日 20:27
docomoを10年以上使ってましたが
その間、端末、機能、サービスどれをとっても1番機動力がなく、動きの重さに嫌気がさしてました。

ソフトバンクiPhoneにしてから、孫正義社長の機動力の早さに、同じ社長でもこうまで違うのかと思います。

ソフトバンクに変えてよかった
不満は通信速度制限がきつく、あまりにも遅い時間帯があること
ここだけはいただけない

docomoは今更古いiモードにこだわるところが、ユーザーニーズとかけはなれ、自社のサービス囲い込みと、ユーザーが納得しないサービスにこだわりすぎ
負の遺産をしょったままでは、docomoばなれがますます続くような気がします。

Posted by yon at 2011年07月09日 21:00
山田には何も求めて無い。

Androidで買ったとでも思ってるのか?

山田は語る資格も無いくせに(笑)
Posted by chan at 2011年07月09日 21:06
私は今、iphoneもandroidも所持していますが、私はお財布携帯がない生活は考えられないし、imodeにも是非とも対応して欲しいと思いますよ。私が使う範囲ではiphoneもandroidもガラケーの使い易さを超えていないと感じる。
Posted by 鎖国主義者 at 2011年07月10日 00:51
普通にSIMフリーのiPhone4使ってます。
SB回線なんてあり得ないし!

早く、SIMフリー版のiPhoneを販売してほしいですねぇ
Posted by ジャコー at 2011年07月10日 00:59
もう使ってんなら必要なくないですか?
Posted by はあ? at 2011年07月10日 10:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。