<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2011年11月10日

「iPhone 4S」は「Siri」の起動用に特殊な赤外線LEDセンサーを採用

features_siri_icon.pngITmediaによると、「iPhone 4S」には「Siri」を起動させるための赤外線LEDの近接センサーが採用されている事が分かったそうです。

スピーカーの上にある同センサーは「iPhone 4S」が起動している間はずっとオンになっているそうで、「Siri」を有効にしている場合は端末を耳に当てるだけで「Siri」が起動する仕組みになっているとのこと。

なお、旧モデルの赤外線センサーは通話中にのみアクティブになるようになっているそうです。

先日、Appleが「Siri」を古いiOSデバイスで利用可能にする計画は無い事を明らかにしていますが、スペック的な面に加え、この事もAppleがiPhone 4S以外に「Siri」を提供しない理由の1つなのかもしれませんね。

【引用元】
 ・ITmedia

【関連エントリ】
 ・Apple、「Siri」を古いiOSデバイスで利用可能にする計画は無し


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(2) | TrackBack(0) | Apple:iPhone(ニュース) |
この記事へのコメント
Siriの設定で『耳に当てて話す』を選んでいると、
この機能が必要ですが、
この機能を使わないのであれば古いデバイスでもいけそうですね。

これをずっとONにしておくと、バッテリーにも影響あるんでしょうか???
Posted by iRumors at 2011年11月10日 16:11
iRumorsさん

4Sが起動してる間はずっとオンになってるって書いてありますから、若干の変化はあると思います。
Posted by iPhone4 User at 2011年11月10日 17:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。