<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2011年12月07日

「iOS 5」の通知センターから設定項目やアプリなどへ簡単にアクセス出来るようになるアプリ「App Switcher」(脱獄不要)

「iOS 5」からはURLスキームに対応したことで各種設定項目のショートカットボタンをホーム画面に表示する事が可能ですが、App Adviceによると、今度は脱獄せずに「iOS 5」の通知センターから各種設定項目や特定の電話、メール、アプリなどに1タップでアクセスする事が出来るようになる「App Switchericon」というアプリがリリースされたそうです。

価格は85円となっており、使用方法を簡単にまとめると下記の通り。
(現在発売記念セール中で、通常時は170円です)

まず、「設定」アプリの"通知センター"で「App Switcher」の設定内容を下記の通りに設定。
(画像には写っていないですが、一番上の通知センターだけは"オン"に)

appsw1.jpg

次に、「App Switcher」を起動し、"Quick Launch"の右上にある"+"ボタンをクリックすると下記画像(右)のような画面になるので、特定の人物の電話やメールへのショートカットボタンは上3つの中から選び、アプリや各種設定項目のショートカットを作成したい人は一番下の"URL"を選択します。

appsw4.jpg appsw6.jpg

上の項目で"URL"を選択すると下記画像の画面になるので、nameの欄に"表示名"を、URLの欄に"URLスキーム"を追記し、右上の"Add"をクリック。
(ちなみに一番良く使うと思われるWi-Fiの設定欄へのURLスキームは「prefs:root=WIFI」となっています)

appsw7.jpg appsw8.jpg

そして、「App Switcher」のSetup画面を表示し、先ほど作成したショートカット項目を4つあるアイテム欄のどこでも良いので追加する。
(この際に"Show Quick Launch"の設定をオフにする。下記画像の赤丸の部分。)

appsw3.jpg

以上の手順を行う事で通知センターに各種設定項目やアプリなどの各種ショートカットを表示する事が可能になり、表示されたショートカットをタップする事で簡単にアクセスする事が可能になります。

appsw2.jpg

また、「App Switcher」でURLなどを記入するページにある"SWITCHER EASY ADD SCHEMES"のリンクをクリックするとメジャーアプリのショートカットを簡単に追加してくれるリンクなどが集められており、更に"http://handleopenurl.com/scheme"では各種URLスキームが集められていますので、是非参考にして下さい。
(下記画像参照)

appsw5.jpg

ただ、先日にお伝えした通り「iOS 5.1 beta」ではURLスキームを使用したショートカットの作成が出来なくなっているとの情報があり、購入したとしても「iOS 5.1」がリリースされるまでしか使えない可能性もありますのでご注意を。

 ・App Switchericon - App Store

【関連エントリ】
 ・「iOS 5.1」では各種設定項目のショートカットボタンを作成する裏技が利用出来なくなる
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(2) | TrackBack(0) | Apple:iPhone(アプリ関連) |
この記事へのコメント
AppleがiBooks 1.5をリリースしています。
Posted by ytik222 at 2011年12月07日 14:11
実はあまり利用している訳ではないですが、
あれば便利なのは間違いないので、
URLスキームの利用不可はちょっと残念です。
とはいえ、Appleがあえて蓋をして来たという事は、
想像される何かの問題があるということなのかもしれませんが。
まー、可能性として本リリース時には規制外されている
というのも無きにしも非ずかもしれませんけど。
Posted by iRumors at 2011年12月08日 11:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。