<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2011年12月25日

次期Mac Proに採用されるかもしれない"SandyBridge-EP"のパフォーマンス

HardMacによると、Intelのサーバー向けCPUの"SandyBridge-EP"の内部資料が流出したそうで、資料には「Xeon E5-2690」と現行の「Xeon X5690」(Westmere-EP)とのパフォーマンスや仕様の比較が記載されているそうです。

110f.jpg
(クリックにて拡大)

「Xeon E5-2690」と「Xeon X5690」の基本的なスペック比較表が下記の通り。
(参考までに現行のMac Proで選択可能な最高のCPUである"Xeon X5670"のスペックも載せておきます)

Xeon E5-2690Xeon X5690Xeon X5670
対応ソケット数222
クロック数2.90GHz3.46GHz2.93GHz
コア/スレッド数8/166/126/12
L3キャッシュ20MB12MB12MB
対応メモリDDR3-1600(4ch)DDR3-1333(3ch)DDR3-1333(3ch)
QPI速度8.0GT/s6.40GT/s6.40GT/s
QPIリンク数211
TDP135W130W95W

また、流出した資料(下記画像)によると、「Xeon E5-2690は「Xeon X5690」と比較して1.5〜2.2倍速くなるようです。

slide1_20copy.jpg
(クリックにて拡大)

なお、この「Xeon E5-2600」(SandyBridge-EP)シリーズは2012年第1四半期に登場予定となっており、もし次期Mac Proに「Xeon E5-2600」シリーズが採用されるのであれば、早くとも来年2〜3月までは次期Mac Proは登場しないものと予想されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac:Mac Pro |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。