<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2012年02月12日

フォトストリームの写真をMacのフォルダに半自動保存するAppleScript

lifehackerが、iOSのフォトストリームでアップロードした画像を自動的にMacの指定フォルダに保存するApple Scriptの作成方法を公開していたので紹介します。

photostreamauto.jpg

その方法は下記の通り。

1,iPhotoの環境設定からフォトストリームを有効化

photostreamauto1.jpg

2,「AppleScript エディタ」を起動 (場所:アプリケーション>ユーティリティ)

3,下記のコードをコピー&ペースト

tell application "Finder"
set this_folder to "Macintosh HD:Users:USERNAME:Library:Application Support:iLifeAssetManagement:assets" as alias
set target_folder to "Macintosh HD:Users:USERNAME:Pictures:MyStream" as alias
try
duplicate (every file of the entire contents of this_folder whose name contains "IMG") to the target_folder with replacing
end try
end tell

4,コピペしたコードの"USERNAME"の箇所を自分のログインユーザ名に変更
(Macintosh HDの名称を任意の名称に変更しているユーザーはこちらも変更)

photostreamauto3.jpg
(クリックにて拡大 / 私の場合は"taisyo"なので上記画像参照)

5,コード内の"target_folder"に記載されている"MyStream"フォルダが指定場所に無ければ「Macintosh HD>Users>ユーザー名>ピクチャ」に新規作成

6,コードを別名で保存。(ファイル名と保存場所は任意で、ファイルフォーマットのみ"アプリケーション"を選択)

photostreamauto2.jpg

7,保存したAppleScriptを実行すると、「Macintosh HD>Users>ユーザー名>ピクチャ>MyStream」にフォトストリームの写真がダウンロード及び保存されます。

以上
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple:総合 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。