<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2012年03月17日

「新しいiPad」の部品コストは「iPad 2」に比べ21〜25%増加

本日、The Wall Street Journalが、iFixitが公開した「新しいiPad」のバラシレポートを基に「新しいiPad」の部品コストを予想したレポートを公開しています。

OPpKCCCkuQaPUMHE.jpg

WSJの計算によると、「iPad Wi-Fi+4G 16GB」の部品コストは合計で309ドルになるようで、Retinaディスプレイが70ドル、タッチスクリーンが25ドル、バッテリーが30ドル、A5Xプロセッサが28ドル、メモリが16ドル、ワイヤレスチップが27ドル、カメラ12.5ドルになるようです。

モデル部品コスト(推測値)販売価格(16GB)
初代iPad 3G270.86ドル629ドル
iPad 2 3G276.27ドル629ドル
新iPad 4G309ドル629ドル

また、All Things Dによると、米調査会社のIHS iSuppliも「新しいiPad」の部品コストを見積もっており、「iPad Wi-Fi 16GB」の部品コストは約316ドル、「iPad Wi-Fi+4G 64GB」が約409ドルと予想され、部品コストは「iPad 2」に比べ約21〜25%増加しているようです。

【関連エントリ】
 ・iFixit、「iPad Wi-Fi+4G」のバラシレポートを公開


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple:iPad |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック