<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2012年04月07日

モバイル向け「Ivy Bridge」と「Sandy Bridge」の比較ベンチマーク

electronistaによると、News.laptop.bgが、モバイル向け"Ivy Bridge"プロセッサの「Core i7-3610QM」(クアッドコア/2.30GHz)とSandy Bridge世代の各プロセッサとの比較ベンチマークテスト結果を公開したそうです。

まず、CPUのベンチマーク比較の一つとしてよく使われる「Cinebench 10」の計測結果が下記画像。

cinebench-10.jpg
(クリックにて拡大)

次に"Ivy Bridge"プロセッサはグラフィックス性能が大きく向上していると言われているのですが、3Dグラフィックベンチマークソフトである「3Dmark 2005」の計測結果が下記の通りで、「Core i7-3610QM」の内蔵GPU(Intel HD Graphics 4000)は「NVIDIA GeForce GT 520MX」に次いで2番手の数値となっていますが、現行のMacBook Pro 13インチに搭載されている「Intel HD Graphics 3000」の約1.6倍の性能となっています。

3dmark-2005.jpg
(クリックにて拡大)

なお、News.laptop.bgでは他にも「Cinebench 11」や「Fritz」、「Adobe Photoshop CS5」、「3DMark 11」などのベンチマークテスト結果も公開されていますので、是非どうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | プロセッサ関連 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。