<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2006年11月27日

ベータテスターへの"Windows Vista"無償提供の詳細

ubiqs.gifちょっと前にWindows Vistaのテクニカルベータテスターで、バグを最低1件でも報告ツールを使い報告したテスターにWindows Vista RTMが無償提供されるとお伝えしましたが、その後、報告したがメールが来てないテスターなど、イマイチその条件などについては明らかにされていないままでしたが、いつもお世話になっているhideさんが、直接ベータ事務局へ聞いてくれたようで、コメントにて情報を頂きました。

その内容は以下の通り。
本件ですが、US で実施されたプログラムとなり、日本のベータプログラムにご参加いただいた方に対してどのように実施できるか現在検討中でございます。

現在確認できていることとしては、日本でこのプログラムを実施しても提供できるビルドは英語版のみとなります。こちらは日本を含め全世界共通で英語版のみということになっております。

ここで提供されるライセンスはサポート対象外であり、さらにベータユーザー様個人に対しての1台分の提供となります。ライセンス条項に記述されている「インストールおよび使用に関する権利」ならびに「ライセンスの適用範囲」を超えてのご利用は、申し訳ありませんができません。 (ベータビルドは、評価目的のものでしたので、これらが認められていました。)また、このプログラムの日本での実施は現在まだ確定しておりません。

上記の通り、もし無償で提供されたとしても英語版のみの提供のようです。

また、これまでの情報をまとめると、提供されるのはBusinessもしくはUltimate Editionで、報告ツールを使用しバグを報告してないとダメで、現在この件でメールが来ているテスターはUSのベータプログラムへ参加していたテスターと思われます。
(CPPでのテスターは対象外)

日本のベータプログラムでの実施はどういった条件になるのかは分かりませんが、私はVistaについては報告ゼロなので、期待できなさそうです(汗)

Thanks! hideさん 

【関連エントリ】
  ・Microsoft、ベータテスターへVistaを無料で提供
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista:ニュース |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。