<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2006年12月06日

アナリスト、MWSFではiTVとiPodとiPhoneが発表されると予想

4462582046079014.jpgApple Insiderによると、PiperJaffrayのアナリストのGene Munster氏が火曜日に「来年1月に開催されるMacworld Expo San Franciscoで、AppleはおそらくiTVと新iPodとiPhoneを発表するだろう」と述べたそうです。

次にMacRumorsによると、Prudentialのジェシー・トートラ氏が、Appleの噂されている携帯電話の内の1モデルの生産が既に始まった。そしてそのモデルは2007年第一四半期後半にリリースされ、スマートフォンモデルは2007年第3四半期までリリースされないと報告しているそうです。

また、トートラ氏は、噂されているワイドスクリーンiPodは2007年の第1四半期から第2四半期の間にリリースされるとも予想し、他には、以前にAppleがゲームデザイナーを雇ったといった情報がありましたが、この件に関しての確証を得たようで、将来的にAppleがテレビゲーム
市場に参入することに関心をもっているかもしれないと述べたとのこと。

MWSF 2007は来年1月9日より開催されますが、もうあと1ヵ月ちょっとまで迫ってますね。

【追記】
その後、Apple Insiderでも上記のジェシー・トートラ氏のレポートが詳しく掲載されており、それによると1台目のiPhoneは、見た目はiPodのような感じで、スリムボディで、小さなディスプレイとクリックホイール、カメラを搭載しており、通信帯はGSM/GPRSネットワーク互換になるだろうとのこと。

そして、噂されているもう一台のスマートフォンモデルですが、こちらは有機ELディスプレイとスライド式キーボードとカメラが搭載されており、通信帯はWCDMA互換になるだろうとのこと。
また、このモデルには上記のスリムモデルに搭載されていないWi-Fiやビデオ機能も搭載されるのではと予想されています。

また、スマートフォンモデルは、GSM/GPRSとWCDMA 互換のため、キャリアの選択がCingular かT-Mobileに限られ、以前よりAppleが「MVNO (Mobile Virtual Network Operator)」といった感じに他の会社のネットワークを借り、携帯電話事業に参入するかもしれないといった噂がありますが、これについてはリスクが大きいのでAppleにとっては最良な選択とは思わないとのこと。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(2) | TrackBack(0) | Apple:総合 |
この記事へのコメント
こんにちは。
いつも拝見させていただいています。
(特に最近は、実際のお顔をイメージしながら…。)

来年の1月8日からでしたっけ?MacWorld。
「iTV」とっても楽しみです。
「Air Mac Express」の魅力にどっぷりはまっている私としては、今度はどんな驚きがあるのかなって感じです。

iPodについては、Video iPodだといいのですが、実際のところ、このアイテムについては少々待ちくたびれた感があります。
Posted by SAPAIA at 2006年12月06日 15:35
>SAPAIAさん
こんばんわ。
いつも有り難うございます。

>特に最近は、実際のお顔をイメージしながら…
照れるじゃないですか〜(笑)

iTVについては発表されることで間違いなさそうですね。
しかし、SAPAIAさんも仰られているとおり、何度も噂があったものの登場せず、といったことが続いたので、今回もあまり期待してないです(汗)


Posted by 大将 at 2006年12月06日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック