<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2006年12月07日

16GBのフラッシュメモリ搭載のiPod Video player?!

video_ipod_fake.jpgMacRumorsによると、BARRONSに掲載されたアナリストのDaniel Amir氏がレポートで、2007年前半のNANDフラッシュメモリの成長を予測しており、その中で16GBのフラッシュメモリを搭載した"iPod Video player"が2007年第1四半期に登場し、NANDフラッシュメモリの需要促進を促すと予測しています。

ちなみにこのDaniel Amir氏のレポートの信憑性は未知だそうです(汗)

また、噂されているVideo iPodとこの"iPod Video player"が同一のモデルなのか、それともVideo機能だけに特化した新しいメディアプレーヤーなのかもよく分かりませんし、もし出たとしてもビデオ機能が特徴になるはずのiPod Video playerで記憶容量が16GBとはちょっと寂しすぎますよね。

16GBのiPod nanoであればある程度は納得できますが、ちょっと怪しいレポートです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(2) | TrackBack(0) | ipod:総合 |
この記事へのコメント
意外と良いかもしれませんよ。

確かにMPEG2形式だともの足りませんが、MPEG4形式であれば、持ち歩き用には結構な量になるのではないでしょうか?
もちろん、所有している動画データを全て持ち歩くことはできませんが、PSPにMemory Stick 2GBをセットして動画を楽しんでいる私としては、16GBなら、ある意味十分魅力的です。

おそらく、表示サイズ大きくし、常時点灯状態で少しでも再生時間を長くしようとすると、バッテリーの制約から、フラッシュメモリの選択もありのような気がします。
ただし、「音楽データは、別のiPodで!」ということになると思いますけどね。
Posted by SAPAIA at 2006年12月07日 11:02
>SAPAIAさん
確かに、言われてみればMPEG4であれば許容可能な容量ですね。
今気づきました(汗)

しかし、仰られている通り16GBでは音楽と動画の両方で使用するにはちょっと厳しいのでその辺がどうなるのかが気になりますね。

Posted by 大将 at 2006年12月07日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。