<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2007年01月19日

Mac OSX 10.5 LeopardでDVD Playerが大幅にパワーアップ

Apple Insiderによると、Mac OSX 10.5 Leopardに搭載されるDVD Playerは大幅にアップデートされ、ユーザーインターフェイスも変更され、新たな機能も多数搭載されるようです。

Leopardの最新ビルドに詳しい情報筋によると、LepardにはDVD Player 5.0が搭載されており、Tigerのバージョンより機能性や見た目で、かなりの変更があるとのこと。

そして、DVD Player 5.0に搭載される新機能の中でも注目の機能は、「fullscreen chapter interface」(下記画像参照)といい、真っ黒なインターフェイスで、これを使用すれば、フルスクリーンモードを抜けずにチャプターを選択可能だそうです。
また、この「fullscreen navigation interface」は、自動的にチャプターの画像を読込み表示してくれ、表示のフェードインとアウトも可能。
s-dvdplayer5-070118-1.jpg
(注:これらの画像はスクリーンショットではなくモックアップだそうです)

また、ウインドウモードでも同様のナビゲーションは表示可能で、ウインドウモードの場合は縦型に表示されるとのこと。(下記画像参照)
s-dvdplayer5-070118-2.jpg

他にも新機能は多数あるようで、DVDオーディオイコライザやViewerを最前面表示可能な「Viewer Above Other Apps」。
そして、「Custom Jacket Picture」、「スリープタイマー」などが搭載されているそうです。

ちなみに、現時点ではHD DVDとBlu-rayのサポートに関する情報は無いとのこと。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple:Leopard |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。