<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2007年01月30日

XPとVistaではどちらが速い??

windows100.jpgPINUPS - 上田新聞 blog版経由で知りましたが、各種ベンチマークテストなどで有名なTom's Hardwareが、Windows XPとWindows Vistaのどちらが速いのかを検証するためのベンチマークテストを行っています。

テストに利用したマシンのスペックは、CPUが"Intel Core 2 Extreme X6800"で、GPUが"ATI X1900XTX"、メモリが2GBとなっています。(その他詳細はこちら)

そして、各種ベンチマークの結果は以下の通り。
 ・3D Games
 ・Video、Audio
 ・SPECviewperf 9.03
 ・WinRAR、Photoshop CS2、Cinebench 9.5
 ・Sandra2007、PCMark05、Everest


結果は見て貰えれば分かると思いますが、全体的にXPの方が速いといった結果になってます。
ATIのドライバやDirectXのバージョンの違いや、ソフトウェアの対応度合などに差があるため、一様には比べられないですが…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(3) | TrackBack(0) | Windows Vista:レビュー |
この記事へのコメント
 グラフィック周りはベータ版ドライバを使っているのと、どう見てもSPECviewperfが正常に動いてなさそうなので、UT2004を除けばまあまあどっこいどっこいと見ていいんでしょうけど、エンコード系のベンチマークのスコアがVistaで向上しているのが気になります。CPUパワーをうまく引き出している、ということなんでしょうかね。

 まあゲームに関しては、ベンチのスコア以前に動くか動かないかが死活問題だったりするのですが。オンラインゲームは軒並み「対応は進めているが期日は未定」状態ですし。
Posted by ふりかっせ at 2007年01月30日 22:44
 もう一度よく見直してみたら、エンコード系のタイトルはスコアじゃなくて時間になってる…(汗)。
 一つ擁護っぽい可能性を考えてみると、この手のベンチマークはOSを常に再インストールしてから行うのが常なので、再インストール直後のインデックス作成と同時進行になったため…というのはないか、やっぱり?(汗)
Posted by ふりかっせ at 2007年01月31日 09:16
上記のTomさんところでメモリ容量とアプリケーションの起動時間を比較したレビューが上がっていました。

http://www.tomshardware.com/2007/01/31/windows-vista-superfetch-and-readyboostanalyzed/index.html

512MB、1GB、2GB、それぞれに1GBのUSBメモリを挿してReadyBoostを有効にした状態で計測しています。

Office系2つだけの結果ですが、512MBと1GBの間には大きな差があるものの、1GBと2GBの間にはほとんど差がありません。
とりあえずメモリ1GBに・・・というのが一般的になりそうですね。
Posted by AL at 2007年01月31日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。