<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2007年04月02日

EMI、iTunes Storeにて5月よりDRMフリーの楽曲提供を発表

MacRumorsがEMIのイベントのライブレポートを行っており、情報通り、EMIがDRMフリーの楽曲を提供することを発表したようです。

DRMフリーの楽曲のクオリティはDRMがある方と比べ、2倍のクオリティだそうで、DRM有りの楽曲は今まで通りのスタンダードクオリティで販売されるとのこと。

また、DRMフリーのアルバムの楽曲のクオリティも2倍に良くなっており、既に購入しているEMIのDRM有りの楽曲やアルバムをDRMフリー版へアップグレードすることも可能で、ミュージックビデオに関してもDRMフリーだそうです。(下記の画像参照)
slide1.jpg

価格は、DRMフリーは1曲1.29ドル、DRM有りは1曲0.99ドル、DRM有りからDRMフリーへのアップグレード料金は1曲0.30ドルで、アルバムについては価格の変更は無く、DRMフリー&高音質が購入可能。

DRMフリーの楽曲の詳細は、256kbpsのAACフォーマットで、来月5月よりiTunes Storeに登場。

また、全てのEMIのDRMフリーのミュージックビデオがiTunes Storeで価格に変更無しで利用可能に…。

最後に、今後iTunes Store以外のオンラインストアからもmp3やWMAといった別フォーマットで同様のサービスが発表され、EMIとしては完全にDRMを使わないわけではなく、サービスによって使い分ける模様。

 ・Appleのプレスリリース

発表は以上で、次に質疑応答に移行し、The Beatlesの楽曲提供について、ジョブス氏は「私も知りたいよ(笑)」と発言し、EMI GroupのCEOは「出来るだけ早い時期に提供出来るよう準備している」と述べた模様。

他にも、「AppleはEMI以外のレーベルにも同様の条件を提示しており、Apple側の予測では年内にもiTunes Storeの全カタログの50%がDRMフリーかつ高ビットレートで提供されるだろう」と述べたそうで、他の質疑応答はEngadget Japaneseで詳細に伝えられてますので、そちらをどうぞ。

 【参照元】
  ・MacRumors
  ・Engadget Japanese
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(3) | ニュース:総合 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt:  なんでも、EMIがDRM無しの曲をiTunesで発売するとか・・・・。いやぁ、
Weblog: BLUEPAGE blog
Tracked: 2007-04-02 22:35

歴史が変わった一日: EMI、DRMフリーの楽曲販売へ!!
Excerpt: EMIがついに、コピープロテクトのない「素」の楽曲をオンラインで販売することを発表。 最初はもちろんiTunes Storeからで、発表の場にはSteve Jobsも登場。 DRMなし、AAC 256..
Weblog: Z3とiPodとMacintoshな話
Tracked: 2007-04-02 22:52

DRMフリーの音楽をiTunes Storeに!
Excerpt: EMIが提供するDRMフリーの楽曲が5月からiTunesで購入可能に! 2007年4月2日、カリフォルニア州クパティーノ、アップルは本日、EMI Musicのデジタルミュージックカタログ..
Weblog: iPodくろくんの奮戦記
Tracked: 2007-04-08 10:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。