<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2007年06月13日

Leopard搭載のBootCampは再起動が不必要??

bootcamplogo.jpgふりかっせさんからもコメント欄にて同様の情報を頂いておりましたが、MacRumorsによると、現行のBootCampではWindowsを起動するために再起動を必要としたが、Leopardに搭載されるBootCampの正式版では、その再起動を必要としなくなるそうです。

当初Appleのサイトにもそういった記述があったようですが、現在はなぜか削除されているとのこと。

ちなみにそのBootCampの正式版には、メニューに「Restart in Windows」といった選択肢があり、これを選択することで使用中のMacはスリープモードに入り、Windowsにも同様のオプションが用意され、Windowsもスリープ状態のままMacに戻れるとのこと。

削除された理由がなぜかは分かりませんが、この機能が搭載されるのかされないのかは不明です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(2) | TrackBack(0) | Apple:Leopard |
この記事へのコメント
 裏の取れる情報が見つからず困っておりましたが、やはり削除されてましたか…。
 可能性としては、1)トップシークレットの1つだった、2)広報さんが別の機能と勘違いしていた、のどちらかでしょうけど…?
 ただ、Bootcamp正式版では「ドライバCDを必要としない」ことから、OS X側で何らかの『仕込み』を行う可能性がありますから、その中に…ということもありえますね。
 実現すればこの上なく便利な機能ですから、期待して、でも過度に期待せず(汗)待ちたいと思います。

#ただ、BootcampでLinuxを動かしたい人にとっては厄介になりそうな予感。LiveCD型なら問題は起きないでしょうけど…。
Posted by ふりかっせ at 2007年06月13日 16:18
>ふりかっせさん
毎度です。
返事遅くなってスミマセン(汗)

今回WWDCで配布されたビルドに搭載されているBootCampでは既にドライバCDの作成は必要ないようですが、上記の機能についてはまだ搭載されていないようですね。

これもトップシークレットの一つだったのかも…。

WWDCの基調講演でParallelsなどの仮想ソフトウェアを推薦しており、Parallelsの社長も一安心といった記事をどこかで読みましたが、上記の機能が搭載されればParallelsによっても少々痛手でしょうね。

Posted by 大将 at 2007年06月21日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。