<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2008年01月23日

Windows Vista Homeが仮想環境でも公式に使用可能に…

ubiqs.gif昨日のITmediaでも少し伝えられていますが、Arstechnicaによると、Microsoftが、Windows Vista Home BasicとHome Premiumを仮想マシン環境でも使用できるようにライセンスを変更した模様。

既に日本語版のEULA(使用許諾契約書)にも下記のような記載がありました。
4. 仮想化テクノロジの使用。お客様は、ライセンスを取得したデバイスにインストールされた本ソフトウェアを仮想 (またはエミュレートされた) ハードウェア システムで使用すること

知らずにインストールされていた方もいらっしゃるかもしれませんが、これで心おきなく使用出来ます。

【訂正】
通りすがりさんからご指摘を受け気付きましたが、上記のEULAの内容は丁度ページの境目で、上記文面の後に「できません」という文章があったことを見落としていました。

しかし、追加項目で下記の通りの記載がありますので、Windows Vista Home BasicとHome Premiumを仮想マシン環境で使用出来ることに変わりはありません。
6. 仮想化テクノロジの使用。お客様は、ライセンスを取得したデバイスにインストールされた本ソフトウェアを、同じくライセンスを取得したデバイス上の仮想 (またはエミュレートされた) ハードウェア システムで使用することができます。

勘違いで、間違った情報を掲載してしまったことお詫び申し上げます。
Thanks! 通りすがりさん

【関連エントリ】
 ・Parallels Desktop上でもWindows Vista Homeは普通に動く?!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(1) | TrackBack(0) | Windows Vista:ニュース |
この記事へのコメント
はじめまして。
リンクからEULAとやらを見たのですが、

「4.仮想化テクノロジの使用。お客様は、ライセンスを取得したデバイスにインストールされた
本ソフトウェアを仮想 (またはエミュレートされた) ハードウェア システムで使用すること

はできません。」

と、現状ではNGみたいですよ。
PDFのページをまたいで表記されているから、一瞬自分も見逃しましたけど。
Posted by 通りすがり at 2008年01月24日 08:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。