<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2005年11月13日

Front Rowのような「MediaCentral v1.0」を使ってみた

本日のSoftware Newsでもお伝えしてますが、新iMac G5に搭載されているFlont Rowと同じような働きをするソフトがCocoaMade Softwareよりリリースされました。
その名も「MediaCentral v1.0」といいます。

page5_1.jpg


主な機能としては以下の通り。

・Mac用のテレビチューナー「eyeTV」を使用している場合はMediaCentralを
 通してテレビも観ることができる。
 なおこの機能の使用には最低でもG4で1GHzのCPUでないといけないそう
 です。

・ATI Remote Wonder Iかllを持っている場合はリモコンを使い遠隔操作も
 可能だそうです。
 しかし、ATI Remote Wonderは日本語版は未発表。

・ボリューム調整や各種再生ファイルの情報の詳細表示。

・DVDドライブやMovieフォルダを勝手に検索し、マウント可能。
 またVIDEO_TSフォルダをサポート。

・mp3,ac3 Audio,MPEG-1,2,4,H.264,Quick Time Movie,AVIをサポート。

・最低の動作可能基準は以下の通り。
  G4 800MHz以上,Mac OSX 10.4.X搭載,Quick Time 7が必要

私のMac miniにインストールし動作を確認しましたが、動きについては重たいのかと思いきや、非常にスムーズです。
画面デザインもMacに合うデザインなので良いです!
また、マウスが使用不可能のため、キーボードで操作しなければなりません。

まず、DVDを入れてみたのですが、一応読み込んではくれるのですが、再生がいくら待っても始まりませんでした…。
私のMacが悪いのかソフトが悪いのかは確認が出来ないですが、まだリリース直後とあって、バグは大変多いようです。
まぁ、今後に期待といったところでしょうか…。

しかし、動作も思ったより軽く、AppleがFlont Rowを他の機種に対応するまでの間はこれで我慢するしかないですね。
(先日ハックされた本物のFlont Rowもありますが…)

最後にこのソフトを終了する際はescキーを押すと書いてあるのですが、何度押しても終了できません( TДT)
expose'を使いDockから終了するか、何とかしないと終われません。あしからず…。

ダウンロードはこちら↓
  ◇ CocoaMade Software

追記:
mpegなどのムービーファイルをMovieフォルダに入れるだけで自動的に読み込んでくれ、mpegなどのムービーについては問題なく再生できました。
また上記ではDVDはだめだったと記しましたが、DVDによって再生可能なものと再生不可能なものがあり、ちなみに「Star Wars episode1」はダメで、自作DVDはいけました。
バグでしょうかね…。

またボリューム調整も+−キーでちゃんとできましたよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェアニュース:Mac |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック