<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


2008年04月14日

"WILLCOM D4"発表

こちらも既に各所で報じられているためご存じの方も多いと思いますが、GIZMODO JAPANEngadgetなどによると、本日、WILLCOMから世界初のIntel Centrino Atomプロセッサ搭載モバイル端末「WILLCOM D4」(WS016SH)が発表されたそうです。

willcom d4.jpg

基本的なスペックをまとめると下記の通り。

 ・液晶:5インチワイド(解像度1024×600・約26万色のタッチパネル)
 ・CPU:Intel Atom プロセッサー Z520(1.33GHz)
 ・OS:Windows Vista Home Premium with SP1
 ・キーボード:スライド&チルト式
 ・メインメモリ:1GB
 ・HDD:40GB
 ・約198万画素CMOSカメラ搭載
 ・ワンセグチューナー内蔵
 ・micro SDカードスロット×1
 ・イヤホン端子(平型)×1
 ・USB2.0端子(miniAB)×1
 ・サイズ:縦約84mm×幅約188〜192.3mm×厚さ約25.9mm
 ・重さ:約470g
 ・通信:W-SIM / 802.11b/g 無線 LAN/ Bluetooth
 ・スピーカー:モノラル
 ・6月下旬予約開始で6月中旬に発売予定
 ・価格:新規で実質負担9万200円(機種変更価格は未発表)

端末自体は魅力的ですが、Engadget Japaneseによると、Windows Vistaを起動していないと発信も着信も不可能で、スリープから着信で起動などといった機能も無いようなので、発表されていないバッテリー駆動時間が心配ですね。

製品の詳細は下記リンクの製品ページを参照して下さい。
また、GIGAZINEが速攻ムービーレビュー速攻フォトレビューを公開していますので、良かったらどうぞ。

 ・プレスリリース
 ・製品ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース:携帯電話 |
この記事へのコメント
スペック的にもふつうのパソコンとそんなに違いませんね。
Vistaを起動しないと....ってのが不便ですね。
実用的でない気が.....
Posted by 林檎教振興会 at 2008年04月14日 22:26
Atom+PHSというところには非常に興味をそそられます。

「起動させないと」というところでは、「そもそも通話を前提として購入する方がいるのか?」といった印象を持ちますので、単純にデータ通信をメインとした端末としての意識を持っておいたほうがよさそうですね。

強いて、不便な点を上げればディスプレイサイズと、Vistaの画面モードの差といったところでしょうか。
W-ZERO3でのVNCでも結構狭い印象ありますので、それが実際のデスクトップとなるとどんなものなんでしょうね。

その点を含め電話としてみなければ、(自分の使い方では)十分実用に耐えそうです。
Posted by ねねこむ at 2008年04月15日 02:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

WILLCOM SHARPのウルトラモバイル、WILLCOM D4発表(Intel ATOMプロセッサ Windows Vista Home Premium搭載携帯) Vista SnapVue(WM6 OS)搭載UMPCHTC Shift
Excerpt: かねてから噂されていたIntelの新モバイルプラットフォーム用CPUATOMプロ
Weblog: かのあゆブログ
Tracked: 2008-04-15 07:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。