<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


記事一覧:Mac:不具合関連

2006年12月01日

"Security Update 2006-007"インストール後の不具合 ーその2ー


software_update2.gif本日の記事で、"Security Update 2006-007"インストールで様々な問題発生?!といった内容をお伝えしましたが、その後、MacFixitには他にも不具合が報告されており、追加分は以下の通り。

 ・アプリケーションの起動が遅くなった。
  (Dockでのアイコンの跳ねる回数が2〜3回から10〜12回に増加)
 ・マイクロソフト製アプリが正常に動作しない。
 ・Palm HotSyncに不具合発生


といった感じです。

しかし、上記の不具合も報告数は少ないとみられ、こういった不具合に遭遇する可能性は低いと思いますが、一応は注意が必要かもしれませんね。

 【関連エントリ】
   ・"Security Update 2006-007"インストールで様々な問題発生?!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年11月30日

"Security Update 2006-007"インストールで様々な問題発生?!


software_update2.gifMacFixitにて、昨日Appleからリリースされた"Security Update 2006-007"をインストールしたために起こった不具合などが伝えられています。

その不具合などをまとめると以下の通り。
 ・Mac OSXが起動できなくなる
 ・Bluetoothが繋がらなくなる
 ・Font Bookのクラッシュ
 ・iMacのファンの回転数増加
 ・USBとFirewireへの機器接続に関する不具合
 ・iPodの非認識
 ・Airportカードの非認識
 ・ネットワークドライブへのアクセスが遅くなる
 ・自動的なloginとkeychainに関する不具合


一つ一つの報告数は少ないものの、結構色々な問題が報告されているようですね。
中にはPMUリセット、SMU及びSMCリセットにて治る場合もあるとのこと。

ちなみに私は脆弱性よりも動かなくなる方が怖いので、様子見中です(汗)

また、ITmediaによると、上記のセキュリティパッチがリリースされた直後に新たな脆弱性が見つかったそうです。

詳細は、細工された引数を渡すことによってメモリ破損エラーが発生し、ローカルの攻撃者がシステムをDoS状態に陥れたり、不正に権限を昇格させられる可能性があり、悪用されればローカルシステム上で任意のコードを実行される恐れがあるとのこと。

しかし、危険度は低いそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(9) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年11月14日

次は、MacBook Pro C2Dのディスプレイに問題発生?!


HardMacによると、MacFixitにMacBook Pro Core 2 Duoのディスプレイ画面がチラついたり(フリッカー現象)、横に変な線が表示されるといった不具合がユーザーから報告されているそうです。

MBP-C2D-Video-Corruption.jpg

この問題は再起動することで一時的に治るそうですが、使用しているとまた再発するとのこと。

ちなみに、Fred Ngというユーザーがその不具合を撮ったムービー写真をアップしているそうなのですが、現在データ転送の制限により観覧不可能となっています。

どのくらいの頻度や割合で発生しているのかは不明ですが、また不具合ですね…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年11月06日

PowerMac G5のリペアエクステンションプログラム


power_macg5_serialsm.jpgAppleが"Power Mac G5 の電源ユニットの問題に関するリペアエクステンションプログラム"を発表しています。

対象となるのは、2005 年 10 月 頃から 2006 年 8 月頃までの間に販売された、デュアル 2GHz/デュアル 2.3GHz/クアッド 2.5GHz PowerPC G5 プロセッサ搭載のPower Mac G5(シリアル番号指定あり)で、電源ボタンを押してもシステムが起動しないや、電源ボタン上のステータスランプが点灯しないなどの不具合があるモデル。

また、シリアル番号の最初 5 桁が下記の範囲内にあるモデルが対象となっています。
(シリアル番号は右の画像の黄色い円で囲まれた部分にあります)
 ・CK539xxxxxx 〜 CK608xxxxxx
 ・G8539xxxxxx 〜 G8608xxxxxx
 ・YM539xxxxxx 〜 YM608xxxxxx
 ・RM539xxxxxx 〜 RM608xxxxxx

そして、上記の範囲内で問題の現象が起きる場合は、Apple Store 直営店・アップル正規サービスプロバイダ・AppleCare サービス&サポートライン(0070-800-27753-1)のいずれかへ電話もしくは持ち込むようにとのこと。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(3) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年11月01日

MacBook、次はRandom “Startup” Syndrome発生??


MacBookのRSS(Random Shutdown Syndrome)問題だけを取り扱ったサイト"Macbook Random Shutdown"によると、あるMacBookユーザーが先日リリースされたSMC ファームウェアアップデートをインストールしたところ、RSSとは全く正反対のRSS(Random “Startup” Syndrome)問題が起こったそうです。

勝手にシャットダウンすることの正反対なので、"勝手に起動する"ということですが、このユーザーが蓋を閉じ、電源をオフにしたMacBookに電源ケーブルを繋ぎ、それをコンセントに差し込んだ際に、勝手に起動したとのこと。

ちなみに、このユーザーの知る限り、ファームウェアのアップデート前はこういった現象は起こらなかったそうです。
また、このユーザーは、今後アメリカのApple Careへ報告することを計画しているとのこと。

昨日も一部のユーザーが、このファームウェアが原因でシャットダウンするといった不具合を報告しているとお伝えしましたが、ファームウェアやOSのアップデート時は注意が必要ですね…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(4) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年10月31日

SMCファームウェア適用後もシャットダウンするMacBook


先日、AppleよりMacBookのRSS(Random Shutdown Syndrome)に対応したMacBook SMCファームウェア1.1がリリースされましたが、MacFixitによると、何名かのユーザーはこの最新のファームウェアを適用した後もシャットダウンする問題が発生していると報告しています。

しかし、RSSが原因ではなく、このSMCファームウェアが原因でシャットダウンしているユーザーもいるようですし、ほとんどのユーザーはこのSMCファームウェアによってRSS問題が改善されているそうで、RSSが原因や上記のようなユーザーはごく一部と思われます。
(ちなみにSMCファームウェアが問題でシャットダウンしている方はSMCリセットを行うと良いらしいです)

結局のところこれでRSS問題は終息へ向かうと思われますが、一体MacBookユーザーの何%くらいの人がこの問題を抱えていたんでしょうね…。
Appleからは結局何もコメント無しのままですし…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年10月26日

MacBook、今度はひび割れ問題発生?!


発売から変色問題や電源問題など色々とただでさえ問題の多いMacBookですが、Engadgetによると、今度は普通に使用していたところ、ひび割れが発生したり、本体が歪むといった問題が一部のユーザーから報告されているとのこと。

crackbook.jpg

ちなみに、ほとんどのユーザーが同じ部分(写真参照)にひび割れが出来ているそうです。
また、本体が歪む部分もひび割れが報告されている部分と同じような部分で、MacBookは左手前の部分が弱いのかもしれませんね。
(ユーザーの使い方にもよりますが…)

MacBook Crack2.jpg
(左が歪んだ状態で、右が正常)

なおこの問題は、AppleのDiscussion BoardMacNNのフォーラムなどで議論されており、Flikrには他の写真もアップされています。

まだ何も起きてない人も、一応は注意した方が良さそう…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年10月25日

Apple、OSX 10.4.8でモニターのカラーが青みがかる問題に対応


Mac OSX 10.4.8へアップデートすると、MacBookのモニターのカラープロファイルが勝手に変更され、青みがかった色になるという問題を以前にお伝えしましたが、本日、Appleより正式にサポート情報が公開され、さらに元に戻すためにMac OSX 10.4.7版のカラープロファイルも配布されています。

なおサポート情報は英語なので、ダウンロードしたカラープロファイルの設定方法は以下の通り。
 1、ダウンロードした"Color LCD-4271780_1047.icc"を
   /Library/ColorSync/Profiles/へコピー
 2、システム環境設定のディスプレイ内のカラーのタブを選択
 3、"Color LCD v10.4.7"のカラープロファイルを選択


私も早速変更しましたが、確かに10.4.7のプロファイルとは全然色が違いました…(汗)
今まで10.4.8のプロファイルに慣れていたので、逆に10.4.7の方が違和感ありますね。

なお、全てのMacBookのカラープロファイルが変更されているとは限らず、変更されていないモデルもあるようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(5) | TrackBack(1) | Mac:不具合関連 |

2006年10月17日

MacBookの電源が落ちる問題の修理キット画像


271937310_8eebfb81dc.jpg未だに修理依頼者が後を絶たないMacBookの電源が落ちる問題ですが、TUAWによると、その問題を修正するための修理キットの写真がFlickrに掲載されているとのこと。

問題のページはこちらですが、交換されるヒートシンクを新旧並べた写真(右上)やスポンジの取り付け部分などの写真(左下)が掲載されています。

そのヒートシンクについては、上の方が新しいヒートシンクで、違いは黒い温度センサーのケーブルが古い方は直付けされていたのが、新しい方はカプトンテープで固定されているところだけとなっている。

271937319_66e863c2eb.jpg他にも、一部で交換されている新しいロジックボードの写真も載っており、こちらは特に大きな変化は無いようで、コネクタの高さが低くなっているとのこと。

やはり上記の変更内容を見る限り、センサーやケーブルか何かがヒートシンクに接触し問題が起きていたことは明らかなようですね。

また、参考にさせて頂いたマクさんトコによると、修理部品の供給も徐々に追いついてきており、現在では最速2時間で修理が完了する場合もあるようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年10月13日

MacBookの電源が落ちる問題で、ユーザーが集団訴訟を準備


macbook-rss-heatsink1.jpg私も実際にその問題を体験してますが、Apple Insiderによると、MacBookの電源が落ちる問題で、修理に時間がかかったり、修理しても改善されないといった状況に我慢できなくなったユーザー達が集団訴訟を起こすために準備をしているそうです。

この問題の原因として、最近はヒートシンクの交換が修理内容となっていましたが、やはりそれでも治らないユーザーもいるようで、現在AppleCareは一部のユーザに、現在開発中の新しいロジックボードに交換する必要があると説明しているとのこと。

また、この問題を追ってきたAppleDefectsというサイトでは、この問題の原因として、内部の配線(温度センサー関係?)が、ヒートシンクに接触し溶け、ショートを起こしているためと言われています。
他にもヒートシンクが熱で膨張し、ケーブルに接触するといった情報もあります。
(しかし、Appleからはまだ正式な原因の発表はないのが現状…)

集団訴訟に関しては、ユーザー達はAppleにMacBookの正式なリコールを要求しているとのこと。
(集団訴訟のサイトもあります)

また、Appleのリコールに対する考えとしては、「人体に影響が無い限り、リコールはしない」とApple Storeの人が言ってました(汗)
(ちなみに、自動車のリコールの定義は「使用者の生命・財産の安全に同一の、不合理的な危険性を持つ自動車製品」とのことですので参考まで…)

ウチの製品は治っているので、今のところリコールは必要ないですが、裁判の行く末が気になりますね…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年10月07日

Mac OSX 10.4.8へアップデート後の不具合について


4462582046079014.jpg先日にもMac OSX 10.4.8へアップデートしたことにより、AirPort(AirMac)への接続に不具合が起き、接続不能になるといった問題をお伝えしましたが、MacFixitにて、ネットワーク関係以外の不具合も報告されていたのでまとめてみました。

 ・ソフトウェアアップデートが自動的にチェックしない
 ・ファンが良く回るようになった(主にG5機)
 ・Adobe Illustratorでの不具合(Intel Macのみ)
 ・BootCamp上のWindows XPが起動できない
 ・デフォルトのモニタのカラーが変更される
 ・フラッシュ・プラグ・インとの不具合
 ・アップデート後起動しない


などなど…。
(まだまだ他にもありますが、MacFixitは有料の情報サイトのため分かる範囲内です)

ちなみに上記の不具合は必ずしも起こるのではなく、一部のユーザーのみが報告している不具合とのこと。
また、一部は解決策が報告されていますが、はっきりとした解決策が見つかっていない不具合の方が多いみたいです。

 【関連エントリ】
   ・Mac OSX 10.4.8でAirport(AirMac)が繋がらなくなる不具合発生
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac:不具合関連 |

2006年10月04日

またまたMacBookのメモリがサーマルペーストだらけに…


s-macbookram.jpgかなり前より既出の情報ですが、GIZMODOによると、読者のAminという方が、自身のMacBookのメモリを換装しようと外したところ、メモリにもサーマルグリスが塗られていたそうです。

ちなみにこれは最初からメモリに塗られていたのではなく、内部のコンポーネントなどに塗られていたものが漏れてきて、こういった状況になっているそうです。

また、このAmin氏はFlickrでも多数の写真を掲載しているとのこと。

私のも一応家に帰ったら確認してみよう…。

 【関連エントリ】
  ・MacBook、メモリにまでサーマルペーストが…
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年10月03日

Mac OSX 10.4.8でAirport(AirMac)が繋がらなくなる不具合発生


HardMacによると、先日リリースされた"Mac OSX 10.4.8"はAirportに関する不具合が報告されているようで、"再起動もしくはスリープから戻った際に、Airportが自動的にネットワークに接続しない"といった問題があるようです。

Appleも既にこの問題は認知しているようで、解決方法(英語のみ)も公開されています。

なお対象となっているのは、Mac OSX 10.4.8をインストールした、Core Duo搭載のMacBook、MacBook Pro (all models)、Mac mini (Early 2006)、iMac (Early 2006)だそうで、"WPA2"をネットワークのセキュリティに使用している場合に問題が起きるそうです。

ちなみに解決方法を訳すと、以下の通り。
1,システム環境設定を開き、ネットワークを選択
2,”表示”というドロップダウンメニューから"Airport(AirMac)"を選択
3,下にある"デフォルトの接続先"が”優先するネットワーク”になって
  いることを確認する
4,その下にあるウィンドウの中のセキュリティが"WPA2"のものを全て削除
5,最後にもう一度その項目を追加し直す


304482_1.jpg

以上ですが、他にもCore 2 Duo搭載のiMacとMacBook Proでも別のネットワークに関する不具合があるようですが、原因はドライバにあるようで、こちらはまだ正式な修正方法やパッチなどは公開されていないそうです。

他にもMacin' Blogさんが伝えているデフォルトのモニタのカラーが変更されるといった事例や、MacFixitには、SpotlightやSafariでも不具合が起きているといった報告があるようで、相変わらず、アップデート直後は不具合が多いようですね…。

【追記】
gen
さんに頂いたコメントにもあるのですが、上記の方法を試しても治らないといった事例もあるようです。

Thanks! genさん  
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(7) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年10月01日

iTunes7の高画質ビデオは高画質じゃないのもあるみたい…


先日アップデートされたが未だに問題の多いiTunes7ですが、Engadget Japaneseによると、このiTunes7の登場とともにiTunes Storeで販売されているビデオがVGA画質(解像度640x480)で提供されるようになりましたが、どうも必ずしも高画質化されていないようです。

多数のユーザーから高画質版に伴い買い直したら以前のQVGA版よりひどい画質だったという報告が届いているとのことで、原因としてはVGAビデオの一部は高画質ソースからエンコードしたのではなく、QVGA版に低品質のアップコンバートをかけただけではないかといった見方が出ているようです。

ちなみにサンプル画像は以下の通りですが、今後購入される方はこういった低画質の物が混ざっているようですのでご注意を…。
(新たにリリースされたものは大丈夫だと思いますし、以前販売されていたビデオの高画質版でも必ずしもこういった現象が有るわけではないようですが…)

・Madonnaの"Sorry"
 1,QVGA(320x240)版をQuickTimeで拡大したもので、ファイルサイズは24.9MB。

itunes-mad1.jpg

 2,VGA(640x480)の高画質版で、ファイルサイズは55MB。
itunes-mad2.jpg

また、Engadget Japaneseには他にもエルトン・ジョンの動画のサンプル写真もありますので、良かったらどうぞ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年09月30日

MacBookの電源がダウンする問題の検証方法


Appleが正式に認めてからは聞かなくなったMacBookの電源が突然落ちる問題ですが、MacFixitにて、その問題の検証方法が公開されていました。

その方法は次の通り。
1,ターミナルを開く
2,「yes >/dev/null &」と打ち込みリターンキーを押す(カッコは不必要)
3,2と同様に「yes >/dev/null &」と打ち込みリターンキーを押す


以上のことをし、15分以内に電源が落ちるのであれば、問題があるMacBookのようなので、Apple Careへ連絡を…だそうです。

ちなみにこの問題があるといわれているMacBookは、製造番号が2006年5月16日から2〜3ヶ月以内の物といわれているそうです。
(製造番号の確認はこちらのソフトを使用すると分かり易い)

また、Appleは最近この問題の原因はヒートシンクが関係していると突き止めたようで、最近に修理を行ったユーザーはほとんどがヒートシンクの交換で対応されているようで、他にもヒートシンクにスポンジが付いてくる場合もあるようです。
(ヒートシンクと何かとの隙間をあけるためと思われます)

ウチのMacBookでは上記の検証からは何も起きなかったですが(修理してるので当然か…)、もしまだの人は一度試されては如何でしょうか。
(必ずしも起きるとは断言できませんが…汗)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(10) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年09月29日

iTunes7.0.1で解決された点と改善されていない点


itunes7icon.pngリリース以来不具合の報告が後を絶たなかったiTunes7ですが、先日iTunes7.0.1がリリースされ不具合が全部解消されたのかと思いきや、コメントやウェブを見る限りそうではないようで、MacFixitではiTunes7.0.1によって解決された問題と解決されていない問題を挙げられています。

まず、改善された問題は以下の通り。
・iTunes Storeで購入した曲やムービーのダウンロード出来なかった問題
・イコライザの表示問題がほぼ解決
・CPU使用率が異常に高くなる問題
・インポートのスピードが遅かった点(ノーマルレベルまで改善)
・ノイズの問題

次に改善されていない問題。
・IPv6がオフになっていることにより、ネットワークへの接続不具合
・iTunes StoreのメディアをPreviewすると発生する問題
・Cover Flowの表示問題
・曲を正常にインポート出来ない問題

以上ですが、相変わらず不具合だらけのようです…(汗)

※一部当ブログへのコメントによる情報やMacin' Blogさんが挙げられていた情報も追加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(4) | TrackBack(1) | Mac:不具合関連 |

2006年09月20日

MacBookの電源が落ちる問題の本当の原因


かなり話題になったMacBookの電源が突然おちる問題ですが、この原因についてAppleは公式に原因を発表していませんが、HardMacによると、この問題はいくつかのマザーボードといくつかの冷却装置(熱パイプとヒートシンク)の間の非互換性が原因だと伝えています。

この件も大分聞かなくなりましたが、どのくらいの人が修理したんでしょうねぇ。
その辺も併せて発表して貰いたいものですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(4) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年09月15日

"iTunes7"で不具合続出中…


itunes7icon.pngEngadget Japaneseによると、先日リリースされたばかりのiTunes7ですが、多数の不具合が報告されているようです。

一番多いのはWindows版で新iPod nanoが認識されない問題のようで、他には再生が途切れたり音飛びし、新機能のCoverFlowがまともに表示されない、などなど…。

また、他に多く報告されているのは動作が全体的に重たいといったことで、リソース喰らいになったこと、ダウンロードできるはずのアルバムアートがさっぱり落ちてこないことなども報告されているようです。

ちなみに私の場合は第一世代iPod nanoを繋いだ時に認識するのにかなり時間がかかり、一瞬フリーズしたと思うほど動作が重たくなった経緯があります。

改善を望みたいところですね…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(21) | TrackBack(3) | Mac:不具合関連 |

2006年09月15日

ヴァージンアトランティック航空もMacとDellに使用制限


vaatailfin101x101_tcm5-9252.jpgバッテリーのリコール後にカンタス航空と大韓航空がDell製とApple製のノートPCの機内での使用に制限をかけることを発表していますが、Macworld UKによると、新たにヴァージンアトランティック航空もDellとAppleのノートPCの機内での使用を禁じる発表をしたとのこと。

なおヴァージンアトランティック航空の場合はバッテリーを外している場合は使用可能な模様。
(コンセントジャックがあるビジネスクラス以上でしか使用出来ないことになる)

今のところ3社ですが、まだこれに続くのでしょうかねぇ。
ビジネスマンには気になるところですね。

ちなみにこの安全問題がきちんと解決されないと、この制限は解除されないそうです。

 【関連エントリ】
   ・カンタス航空に続き、大韓航空もApple製ラップトップを制限
   ・カンタス航空、Apple製ラップトップにも制限か?!
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

2006年09月12日

iBookなどのバッテリーリコールで不完全なバッテリーが届く…


4462582046079014.jpg先日にPowerBook G4とiBookのバッテリーに対するリコールプログラムが発表されましたが、MacFixitによると、Appleから交換用のバッテリーが各ユーザーへ届き始めているのですが、その届いたバッテリーが不完全な(正常に動かない)ケースが数件報告されているとのこと。

Appleはそれらのユーザーに対し、再度バッテリーを送る処置をとっているそうですが、バッテリーリコールプログラムに対象となるMacの製造番号の発表ミスに続き、相変わらずバタバタしてますね…(汗)

 【関連エントリ】
   ・Apple、iBookなど180万個のバッテリーリコール
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac:不具合関連 |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。