<ブログ移転のお知らせ>
いつも『気になる、記になる…』をご覧頂き有り難うございます。

2005年9月に開設し、これまでの7年間はSeesaaブログを利用して運営しておりましたが、この度独自ドメインを取得し、WordPressにて運営する事に決めました。

新たな移転先のURLなどは下記の通りですので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 ・新URL:http://taisy0.com
 ・新RSS:http://feeds.feedburner.com/taisy0

なお、Seesaaでの過去記事は一部を移行させておりますが、まだ全てを移行出来ていない為、このまま残しておくつもりです。

新サイトでも今後とも宜しくお願い親します。

Taisyo (2012.7.22)


記事一覧:ニュース:総合

2006年06月11日

AppleのDRMに反対する抗議集団、人員募集中…


Tied-Green.preview.jpgTUAW経由ですが、DefectiveByDesign.orgというサイトでAppleのiTunesとipodに関するDRMに反対するため米国の各Apple Storeで抗議活動する人(DRM除去員)を募集しています。

しかも凄い意気込みのようで、サイトではipodのシルエット広告を元にした「DRM反対ポスター」(右の画像参照)や配布するチラシ、ステッカーまで用意されています。

また、フランスでこのAppleのDRMの内容公開を義務化する法案が骨抜きになり、結局DRMの公開をしなくても良くなった件で、これらStopDRM連合はパリでも抗議を行ったみたいですよ。

そのうち日本にも現れたりして…。

【追記】その抗議の模様の動画もありました。
http://video.google.com/videoplay?docid=-2392063294481206153
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース:総合 |

2006年06月10日

Yahoo!バージョンのInternet Explorer 7


ie7.jpg米Yahoo!の検索とホームページをMicrosoftのブラウザに組み込んだInternet Explorer 7 optimized by Yahoo!がリリースされたそうです。

このYahoo!版IE7 Beta2はデフォルトホームページが米Yahoo!のページで、検索エンジンもYahoo!だそうです。
その辺がYahoo!仕様になってますが、他はIE7 Beta2と変わらないとのこと。

ちなみに英語版のみとなっていますので、あしからず…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース:総合 |

2006年06月10日

Appleが任天堂を買収??


mario_apple.jpgMacDeilyNews経由の元ネタはCNET.co.ukですが、先日にAppleがゲーム開発者を募集しているといった情報が流れ、ipodへのゲーム搭載などが予想されましたが、一部の違った予測ではAppleが米国第3位のゲームコンソールメーカーの任天堂を買収するかもしれないといった予測があるそうです。

Appleと任天堂は企業理念やデザインスタイル(Nintendo DS Liteはジョナサン・アイヴ氏が作ったようにも見えるとのこと)が似ており、Appleはゲームを欲しがり、任天堂はデザインを必要とし、お互いの市場スペースの補完には丁度良いとのこと。

また、他にもMac miniで任天堂のゲームが出来ればどうなるかといった例や、日本企業の買収は買収防衛策などの影響で難しくなっており、もし有り得るなら友好的買収か合併といった形がありそうだといったことなどが書かれています。

あくまで予測だとは思いますが、私個人の予想としては買収なんて無いと思いますが…(汗)
ファミコン世代の私としては、Nintendoは任天堂であって欲しいです。

 【元ネタ:Crave Talk: Is Nintendo the apple of Apple's eye? - CNET
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース:総合 |

2006年06月08日

UMPCことOrigamiの前案「Haiku」は今も進行中?!


ご存じの方も多いと思いますが、日本のメーカーからもリリースされているウルトラモバイルPC(UMPC)のコードネームは「Origami」でした。

その「Origami」になった理由は「小さな紙からさまざまな形を生み出す大きな可能性を秘めている。UMPCも小型ながらさまざななものを作り上げていく可能性がある」ということでしたが、その「Origami」に決定される以前はコードネーム「Haiku」で進められていました。
(ちなみに「Haiku」の由来は日本の俳句からで、「コンパクトでエレガント」ということらしい)

この「Haiku」、UMPCのコード名が「Origami」へと決定した後は、全てを「Origami」へ移行されたのだと思っていましたが、Info Worldによると、MicrosoftはUMPCだけでは渇きをいやされておらず、もう一つのミニTablet PC(Haiku)に取り組み続けており、今後数年以内に市場への投入が予想されると伝えています。

また、MicrosoftのUMPC部門ゼネラルマネージャーのOtto Berkes氏が「今現在では(Haikuは)実現可能であるとは思わないが、数年で可能になるだろう」、また「より冷たく、より少ない消費電力、より少ないスペースを必要とするこれまでより小さな携帯機器向けのチップを開発している会社(Intel)と共に、Haikuのような携帯機器を開発することは可能だ」などと述べ、これにより、Haikuプロジェクトが継続されているだろうとのこと。

う〜ん、ホントのところはどうなのかは分かりませんが、OrigamiことUMPCも当初の期待ほど売れていないような気もするし、UMPCなどの超モバイルPCの購買層は限られているため、UMPCだけに絞ってもっともっと煮詰めて改善しながら良い方向へ進めた方が良いと思うのですが…。

私的にはUMPCよりもVAIO type Uの方が良いかな…(汗)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース:総合 |

2006年06月07日

Apple、Intelの製品ロードマップにまで影響を及ぼす…


4462582046079014.jpg昨日より台湾で開催されているCOMPUTEX TAIPEI 2006ですが、その中でIntel副社長のアナンド・チャンドラシーカ氏が基調講演を行ったみたいですが、お馴染みのPaul Thurrott氏によると、アナンド・チャンドラシーカ氏が次のように述べたそうです。

「AppleがIntel移行を発表した1年後に、Appleは世界最大のチップメーカーを新しい方向へ動かしている。また、彼ら(Apple)は、我々が考えもしない事を考える。我々はこういったことが起こることを望んでいたら、確かに起こりました。」
「AppleがIntelの製品ロードマップにも影響を与えており、そのインパクトはすぐに表れるのではなく、長期的にわたって感じられるだろう。」


以上、ちょっと直訳なのでおかしな表現になってるトコがあるかもしれませんがご了承を…。

ちなみにロードマップに与える影響の詳細ですが、アナンド・チャンドラシーカ氏もそこまでの詳しい部分までは話そうとしなかったようです。

思ったのですが、Appleと仕事をしたら要求は厳しそうですが、楽しいだろうな。
Intelもそんな感じなのでしょうか…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース:総合 |

2006年06月04日

100ドルラップトップ(プロトタイプ)が実際に動いている映像


100dollerpc.jpg昨日に100ドルラップトップでなく140ドルラップトップになってしまうとお伝えした、マサチューセッツ工科大学(MIT)Media Labの共同創設者Nicholas Negroponteにより開発されている100ドルラップトップ(OLPC Project)のプロトタイプが実際に動作しているところの映像が、Engadget経由のSilicon Valley Sleuthにて公開されています。

このムービーは先日に行われたRed Hat Summitで公開され、"One Laptop Per Child"プロジェクトで初めて動作するように作られた100ドルラップトップだそうです。

映像を見れば分かりますが、一般にはリリースされないこのラップトップ、私がちょっと欲しくなってしまうほど良い感じです。
サイズも小さく携帯性には特に問題なしで、結構動きも軽快みたいで、インターネットやメール、文書を作成するくらいだったらこれで十分かもしれません。

映像は下記のリンクへどうぞ。
 Silicon Valley Sleuth

また、One Laptop Per Childについてはオフィシャルサイトへ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(10) | TrackBack(1) | ニュース:総合 |

2006年06月03日

Microsoft、ipodキラーの開発を否定


先日、ITmediaなどで伝えられていましたが、東芝やNTTドコモ、日本ビクター、ナップスタージャパンなどとMicrosoftが協業し、AppleのiPod+iTunesを追撃するべくWindows Media Technology(WMT)を活用した商品やサービスを展開すると発表したのですが、それが米国などのWindows系の情報サイトでは翻訳問題により、Microsoftが日本の各メーカーと協力し、携帯機器(ipodキラー)を開発すると誤訳されていたそうです。

ちなみに実際の協業内容は、Microsoftがそういった携帯機器を開発するのではなく、協力メーカーが独自の機器を開発し、それをWMTに対応し、WMP11との接続をシームレス化したりコンテンツなどを充実させるための協業となっており、携帯機器の開発といった発表は一切されていません。

そして、海外で誤訳された件に関して、Microsoftは正式にコメントを発表し、そういった機器を開発することは無いと、上記の誤訳報道内容を否定したそうです。

まぁ、この件に関しては特に何も言うことはないのですが、今日の他の記事でも書いたMicrosoftが開発しているという噂のXboxポータブルの話については結局のところどうなんでしょうね??
「ipodと競争をするための機器を開発する」ということを否定したのですが、Xboxポータブルを開発しているということは確実らしいので、XboxポータブルはやはりPSPキラーということかな…(汗)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース:総合 |

2006年06月02日

100ドルPC、140ドルPCへ


050929_laptop_1.jpgBetaNewsによると、マサチューセッツ工科大学(MIT)Media Labの共同創設者Nicholas Negroponteにより開発され、先日に詳細が明らかになった100ドルPCですが、その販売価格が結局100USドルではなく、130〜140USドルになるだろうということをNicholas Negroponte側が認めたそうです。

ちなみに2008年までには100ドルで販売可能になるだろうとのことですが、それを現実にするためには生産が少なくとも500万ユニットに達する必要があるだろうと述べたそうです。

どうせなら無理しなくて150ドルPCでいいんじゃないかな…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(6) | TrackBack(4) | ニュース:総合 |

2006年06月01日

Microsoftのロードマップ(2006〜2007)


Microsoft Certified Professional MagazineにてMicrosoftの2006年から2007年にかけてのロードマップが掲載されており、記事内容に関しては特に大きな発表や相違はないみたいなので、その記事にWindows Vistaの販売数の予想グラフとMicrosoftの各種OS・ソフトウェアのロードマップが添付されていましたので下記にアップしときます。

1,Windows Vistaの販売予測
0603rcp_roadmap1.gif

2,Microsoft製品のロードマップ
0603rcp_roadmap2.gif

クリックで拡大しますが、ちょっと小さくて見にくいですね…(汗)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース:総合 |

2006年05月31日

iTMSでゲームがダウンロード可能に…?


4462582046079014.jpg先日、AppleのiTunes部門がゲーム開発経験をもつプログラマを募集しており、ゲーム関連の何かを開発しているのか?とお伝えしましたが、LoopRumorsの新たな情報によると、AppleはiTMSでゲームをダウンロードできるようにするための計画を立てているとのこと。

また、先日の記事内でお伝えした元LucasArts社技術監督のMike Lampell氏が、このゲーム開発の極秘プロジェクトの先頭立っているようです。

 【関連エントリ】
  ・Appleがゲーム関連の何かを開発?!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース:総合 |

2006年05月30日

Apple Store,Fifth Avenueのエレベーターに閉じ込められる


s-155318867_e8f3d8252d.jpgTUAWによると、学校の旅行でニューヨークに来たある学生のグループがApple Store, Fifth Avenueを訪れ、非常に涼しかったらしく、20分間店の中に居た後、店を出ようとエレベーターに乗ったところ、エレベーターが故障し中に閉じ込められたそうです。

45分後にNYPDに助け出されたそうですが、Apple Store, Fifth Avenueでは何も買わずに出るとこうなる仕組みなのかも…(嘘)

また、元ネタのサイトでその時の詳細と画像が載ってます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース:総合 |

2006年05月30日

Dell、間違ってMac OSX向けドライバを配布?!


dell_drivers.jpgengadgetによると、Dell社が自身のサイトで対応してるはずもないMac OSX向けのドライバを間違って配布したとのこと。

Dellといえば、以前にDellの創業者にして前CEOであるMichael Dell氏がMac OS Xが利用可能になりしだい,DellがMac OS Xのライセンスをうけて,Mac OS Xで動くDellのコンピュータ売りたいと述べたことがあるので、可能性はゼロに近いと思うがちょっとフライングですね(笑)

原因は、問題のドライバのファイル拡張子が.exeなのでWin向けのドライバの名前を間違えたのではないかとみられています。

ちなみに投稿時(AM9:30)でも未だに修正されずに残ってます…。
見方はこちらのサイトより、Product Modelの欄でLatitude X1を選び、右の矢印をクリック、そしたらChoose Operating Systemが出るのでその中にApple Mac OSXとあります。

【追記】
JNNさんのコメントによると、プリンタドライバだけはちゃんとしたMac向けのドライバみたいです。
確認してみましたが、他は拡張子がexeですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース:総合 |

2006年05月29日

Intelのプロセッサロードマップに"Conroe-L"が登場


1571_large_conroe_l.png中国のhkep.comによると、Intelのプロセッサに関する新しいロードマップ(右の画像参照)が明らかになったようで、それによると2007年の第2四半期リリース予定に新たに「Conroe-L」というコードネームのプロセッサが追加されたとのこと。

このConroe-Lは、その名の通り7月発売予定の次期デスクトップ向け64bitデュアルコアプロセッサIntel Core 2 Duo(Conroe)の低価格のシングルコア版で、現行のPentium4とCeleron Dはこれに置き換えられ、6年余り続いたNetburst系のマイクロアーキテクチャに終止符がうたれると予想されてます。

今のところ分かっていることは、製造プロセスは65nm、Socketが現行のPentium4などと同じLGA775で、シングルコアでシングルスレッドということのみです。

また、Conroe-Lのブランド名もIntel Core 2 Soloになるだろうと予測され、Pentium DもIntel Core 2 Duo(Conroe)へ順次置き換えられていくことから、長年慣れ親しんだ「Pentium」と「Celeron」ブランドが完全に無くなると思われます。

ちなみに2007年の初めにはデスクトップ向けのハイエンドモデルとして4個のCPUコアを内蔵した「Kentsfield」のリリースが予定されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース:総合 |

2006年05月27日

Mac OSXの壁紙使用のipod似MP3プレーヤーが中国で登場


mini Player.jpg韓国中国のMEIZUというメーカーが、Appleのipodを真似た動画再生機能付きMP3プレーヤー「Mini Player」を発表しています。

このMini Playerのスペックは512MB、1GB、2GB、4GBのフラッシュメモリ搭載で、2.4インチのQVGAカラーディスプレイ、サイズは79×48.2×10mm、音声録音のためのミニジャック、FMラジオ、USB2.0で対応フォーマットはMP3/WAV/OGG/WMAとXvid(.avi)になっています。
(価格についてはまだ未発売なのか掲載されておらず)

動画の対応フォーマットがXvidのみってのが変わってますが、それ以外はMP3プレーヤーといては標準的な仕様かと思います。

しかしデザインは、スクロールホイールは無いものの、裏面はipodと同じく鏡面加工されており、大きさもipod nanoよちょっと幅広にした感じで、ipod意識した造りとなっています。
(製品のサイトでもipod nanoと比較されてます)

また、画像を見て貰えれば分かりますが、ユーザーインターフェイスがMacっぽく、使用されている壁紙なんてMac OSXのものだと思うのですが…。
ipodにOSXが搭載されればこんな感じになる?!って感じですが、相変わらず意匠権なんて関係ないといった感じですね(汗)

極東地域ではipodも偽ipodに苦戦しているので、また新たなライバル出現といった感じでしょうか…。

MEIZUというメーカーは韓国ではなく、中国広東省のメーカーみたいです。
Thanks! Kouさん


 ・Mini Playerの製品ページ
 ・Mini Playerの画像
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(13) | TrackBack(1) | ニュース:総合 |

2006年05月26日

「Intel Core 2 Duo (Conroe)」は7月23日リリース?!


intel_core_duo_2.jpgDeilyTechによると、次期デスクトップ向け64bitデュアルコアプロセッサーのIntel Core 2 Duo(Conroe)は7月23日にリリースされると伝えています。

価格やラインナップは以下の通り。
●ハイエンドデスクトップ版Core 2 Extremeシリーズ (TDP 80W)
 Core 2 Extreme X6800:2.93GHz/FSB 1066/L2 4MB、999USドル
●デスクトップ版Conroe :Core 2 Duo Eシリーズ (TDP 50W以上)
 Core 2 Duo E6700 : 2.66GHz/FSB 1066/L2 4MB、530USドル
 Core 2 Duo E6600 : 2.40GHz/FSB 1066/L2 4MB、316USドル
 Core 2 Duo E6400 : 2.13GHz/FSB 1066/L2 2MB、224USドル
 Core 2 Duo E6300 : 1.86GHz/FSB 1066/L2 2MB、183USドル


また、サーバ向けの「Dual-Core Xeon 5100 series」(コードネームWoodcrest)は6月にリリース予定ですが、昨日から注目のMac Proには一体どっちが搭載されるんでしょうか??
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース:総合 |

2006年05月25日

Microsoft、JPEG形式をWindows Media Photo形式に置き換えへ


CNET NEWSによると、Microsoftは偏在するJPEGイメージ形式をWindows Media Photo形式へと置き換えるだろうとのこと。

Microsoftが開催中のWinHECでWindows Media Photo形式について詳しく発表したそうで、Windows Meida Photo形式はまずWindows XPで利用可能になり、その後Windows Vistaでもサポートされる予定だそうです。

詳しいことは分かりませんが、Windows Meida Photo形式の特徴は下記の通り。
・既存のイメージ形式の制限を超える
 連続階調の静止画像用の新しいファイル形式
・表示または印刷用の、複数のカラー形式
・固定または浮動小数点での、高度に動的な範囲のイメージ エンコード
・無損失圧縮または高品質の損失圧縮
・複数の解像度とサブ領域に対する、きわめて効率的なデコード
・デコード中の形式の変換における、最小限のオーバーヘッド


私が分かる範囲で簡単に言うとJEPGやJEPG2000より、より高圧縮とのこと(汗)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース:総合 |

2006年05月24日

Mac miniが最もWindows Vistaに対応?!


CNET NEWS BlogにてIna Fried氏が、先日にMicrosoftよりリリースされた自分のPCがVistaにどれだけ対応しているかを診断するツール「Vista Upgrade Advisor」を自身の持っている以前からVistaのテストなどをしてきた数種類のWindows XP機とMac mini上のWin XPにインストールし診断したそうです。

ちなみにWin機の一つはシステムメモリが512MBでグラフィックスメモリはシステムメモリと共有、Mac miniはシステムメモリが1GBでWin機と同じくグラフィックスメモリは共有。

そして、その結果はというと、なんと良い結果と診断されたのは1GBのメモリを搭載したIntel Mac miniだったそうです。
ちなみにAeroにもきっちり対応とのこと。

Win機は今までに何度もVista Betaをインストールしテストしてきたにも関わらず、メモリ増設をすすめられたそうです。

これは先日にもお伝えしたとおり、Windows XPではシステムメモリからグラフィックメモリへ動的に配分される仕組み(Intel Macのみの機能、普通のWin機はBIOSで設定必要:kon2さん情報)のため、Mac miniのグラフィックメモリがVistaの基準値を超えたことによる結果だと思います。

やはりVistaで重要となるのはグラフィックスメモリみたいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース:総合 |

2006年05月23日

WMP11はiTunesと遜色ない?!


本日のCNET Japanに、アップルの音楽配信サービスに追いつけるか--マイクロソフトの挑戦といった記事が書かれていました。

その中で、熱心なMacユーザーでもある技術評論家のPaul Thurrott氏が、「熱心なiTunesユーザーなはずの自分が、iTunesよりパフォーマンスが劇的に優れているWindows Media Player 11に魅了されてしまった」と述べているそうです。

また、他の評論家もAppleのiTunesと何ら遜色ないと述べているそうです。

これにはiRiverなどの携帯音楽プレーヤーへの対応や「URGE」みたいな音楽配信サービスの組み込みなどが影響しているとのこと。

しかし、元ネタの記事にも書かれているが、操作性についてはiTunesとipodは同じApple製で違和感無くシームレスに操作できるが、Microsoftは自社でポータブル音楽プレーヤーを作ってないのでこの辺りに関しては完全に対応するというのは難しそうです。
また、URGEもMicrosoftとMTVの共同開発で、独自のサービスとは言い難い。

この辺りがAppleの強みでもあるのだと思うが、今後どう変わるかが気になりますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(2) | TrackBack(2) | ニュース:総合 |

2006年05月23日

MacBookのビデオメモリ、Windows XP上では128MB?!


昨日、ただしさんからコメントを頂いたのですが、それによるとMacBookのビデオメモリはスペック上は64MBなのですが、そのMacBookでBootCampを使用してWindows XPを入れた時、Windows XP上ではビデオメモリが128MBになっているそうです。

ちなみにシステムメモリを1GBまでアップグレードしており、下記のように表示されるそうです。
Physical Memory: 992 MB
Minimum Graphics Memory: 16 MB
Maximum Graphics Memory: 128 MB

これがシステムメモリを使用しているのか、もしくは誤認識なのかどうかは全然分かっていないのですが、他にも同じような環境の方で同じ状況になっている方っています??

ビデオメモリが128MBであればVistaのAeroインターフェイスも難なく使用できるのですが…。
当方がMacBookを持ってないので検証できないため、情報願いますm(_ _)m


Thanks!! ただしさん

【追記】
その後、Kon2さんからコメントを頂いたのですが、Windowsはシステムメモリの量に応じてグラフィックメモリを動的に確保するため、特に問題ではないようです。
勉強不足です…(汗)

ということで、システムメモリの量によってはVistaのAeroインターフェイスも利用可能かと思われます。

また、Kon2さんがコメントにて指摘している通り、Macの方がシステムメモリの搭載量により変動及び変更出来ない方が不便かと…。

Thanks!! Kon2さん
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース:総合 |

2006年05月21日

もしかしたらMicrosoftがWinHECでipodキラーを発表?!Part,2


先日、明日から開催されるWinHECにてMicrosoftがipodキラー(実際はPSPキラー)となるマルチメディアデバイス(Xboxポータブル)を発表するかもしれないといった予測がでてきており、今回もPC Watchの記事でそのことについて新たな情報が書かれてました。

PC Watchのそのレポートでは、新しい省電力性に優れたEfficeonについて書かれており、以前からの情報ではXboxポータブルのプロセッサにはTransmeta社のEfficeonが搭載されるのではと噂されてます。

また、その記事の最後で、Transmeta社の担当者は新EfficeonのクライアントはMicrosoftであり、WinHECで何か発表するだろうと述べており、「UMPC」かという問いにはノーコメントだったそうです。

また、この新Efficeonについて「700MHzで動くEfficeonはXboxと同じ性能だよ」とも述べ、EfficeonはAGPも持っているため、仮にGeForce3相当のグラフィックコアを省電力で実現できれば、ハードウェア完全互換なXboxポータブルが実現可能だとのこと。

実際にPC Watch以外のWindows系の情報サイトではXboxポータブルについては何も触れられていないので、本当かどうかは分かりませんが、昨日の情報と合わせると可能性はゼロでは無いような気がするのですが…。

問題のWinHECは日本時間の明日の夜より開催なのですが、Vistaなどの各種Beta2や上記のようなXboxポータブルの話、、最新の仮想化技術、ハイブリットHDDなど、目が離せない情報が目白押しですね。

 【関連エントリ】
   ・もしかしたらMicrosoftがWinHECでipodキラーを発表?!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote このページのTOPへ

| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース:総合 |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。